愛人募集

2017年4月19日 (水)

愛人契約の歴史について

愛人募集掲示板を見てふと思い出すことがありました。
愛人契約とは日本に限った話ではなく、世界中で行われています。
ではいつ頃から行われるようになったのか、愛人契約の歴史について紹介します。
昔は愛人という言葉が使われずヨーロッパでは公妾、日本では妾・側室という言葉が使われていました。
ヨーロッパでは側室制度が許されていなかったキリスト教のヨーロッパ諸国の宮廷で近世に採用された制度です。
宮廷なので、一般市民ではなく身分の高い人のみ許された行為だったと言えます。
また現代の日本人の感覚としては、愛人とは公の存在ではありませんよね。
社会や家族に愛人の存在がバレないように隠している人が多いでしょう。
しかし近世のヨーロッパでは公妾の報酬金はなんと公式に王廷費の支出という扱いで、社交界へも一緒に参加していました。
ただし存在自体は認められていたものの、公妾が生んだ子供には相続権は認められていませんでした。
そして権力争いに巻き込まれたり、貴族や一般市民からの恨みの対象になるなど立場は不安定だったと言えます。
また日本でも愛人契約の前身に該当する妾の歴史は古く、飛鳥時代には存在したという記録が残されています。
ヨーロッパと同様に身分が高い人が妾を作り、その存在は公然と認められていました。
そして戦国時代など男色が流行った時代では、武田信玄や上杉謙信など男性を愛人として囲っていました。
江戸時代になると将軍が側室を持つ事は当たり前とされていました。
江戸時代の将軍は朝廷と江戸幕府と円滑な関係を築くため、正妻は政略結婚で公卿の出身者が選ばれていました。
そして自分の血を引いた後継者を残す為、大奥が誕生したのです。
また江戸時代は将軍だけでなく、一般の武士も側室を持つ事がステイタスとされていました。
明治時代になっても江戸時代からの流れは引き継がれ、高級官僚は側室を作るのが当たり前の時代です。
ちなみに明治天皇や大正天皇は、天皇の正妻の子ではなく側室の子でした。
側室と妾はほぼ同じ意味で使われますが側室は同じ屋敷に同居し、妾は別の屋敷に囲われていたため居住スタイルに違いがあります。
そして今でもセレブの間では同じような感覚が残っていますが、愛人を囲う事は醜態ではなくステイタスの一種だったのです。
しかし現在は愛人の存在は公認されていません。
なぜこのような変化が現れたのかというと、女性が教育を受けるようになり自立し意識が向上したためです。
加えて合理的な現代社会で愛人という存在は、非合理的な存在だと認識された訳です。

2017年3月13日 (月)

愛人募集で知り合った女性にちょっとマニアックなことをしてみた結果…

女性って慣れていないことには「いやいや、無理でしょ…」とすぐに言うものの、実際にやってみるとハマってしまうことが多いみたいです。男性は熱しやすく冷めやすいと言われますが、女性はその逆ですね。

だからなのか、セックスのときもマニアックなことをする場合、基本的には男性から希望しています。もちろん女性は最初は嫌がる可能性が高いですが、一度ハマってしまうと男性以上に求めてくることも多く、男性側が「ちょっとやりすぎたかも…」と考えてしまうかもしれませんね。

私もとある女性に、ちょっとマニアックなことをしてみたのですが…今では相手からそういう行為を求めてきまして、なかなか相手をするのも大変です。セックスにおいて特殊なプレイを好むようになってしまえば、性欲も強くなる…かもしれませんね。

それは、愛人募集サイトで見つけたとある女性の話です。その人は34歳の既婚女性で、A(仮名)と呼ぶことにします。Aは夫がいつも同じようなことしかしない上、自分が満足するとさっさと寝てしまうこともあり、「新しい刺激をくれる人が欲しい…」と願っていました。

愛人募集サイトを使う理由としては、さほど珍しくありません。それにこういう女性は『夫以外の男性』ってだけで満足しやすく、最初は普通のセックスを想像していたのですが…Aの身の上話を聞いたあと、私は「どうせだし、ちょっとマニアックなこともしてあげるか…」と考えました。

Aはこれまでマニアックなプレイもしておらず、せいぜいがシックスナイン止まりです。それを聞いた私は「じゃあ、ちょっと手足とか縛ってやってみようか?」と話し、Aは「それってSM?痛いのはちょっと…」と躊躇したのですね。

しかし私は「叩いたりとかはなしで、縛るだけ。動きにくくなるけど、無理矢理されているみたいで興奮するよ?」と吹き込み、ラブホテルまで連れて行きました。Aはどうやら押しには弱いみたいで、私が縛るがままになっていたのです。

まずは縛ってからの愛撫ですが、なんとAは触られる前から少し濡れていて、「縛られている最中から、なんだか体が熱くなって…」と話しており、Aの素養は十分でした。

挿入してからも、Aの乱れっぷりはすごいです。手足を縛っているだけなのにいつもより気持ちいいらしく、最終的には潮まで吹いてしまいました。その様子を見た私は「これで満足しただろう」と確信したのです。

そして愛人募集サイトで知り合ってから数ヶ月が経過した今でも、Aから「また縛って欲しい…」と連絡が来ており、相当ハマったみたいですね…。

2017年2月23日 (木)

旦那以外とセックスしたくて仕方ない女性は愛人募集サイトを使いまくる!?

「妻以外とセックスしまくりたい!」と考える既婚男性は、きっと多いと思います。私の上司にも既婚男性はたくさんいますが、その多くが「奥さん以外とも遊びたいけどねぇ…」と話していました。男は多数の女性と関係を持ちたがる本能があるため、仕方ないと言えばそうなのでしょう。

しかし、最近は「旦那以外とセックスしまくりたい!」という女性も増えたみたいです。近年は『女性の男性化』なんて言葉が広まっていますが、性欲に正直な女性が増えたのも関係しているかもしれません。どこかの雑誌が採ったアンケートでは、3人に1人くらいが『夫以外とのセックスに興味がある』と答えたのだとか。

男性からすると理解しがたい心情…と言いたいかもしれませんが、男性だって身勝手なことを考えている以上、表立って批判できませんよね?それに考えるだけなら自由ですし、実行に移さない限りは事を荒立てる必要もありません。

ですが、『実行に移す女性』も結構いるため、それが離婚の要因にもなっているみたいです。たとえば『愛人募集サイト』なるところを見れば分かりますが、こういう場所を使っている女性は、本当に欲望に正直ですね。

実は私もセックスだけができる相手が欲しくて、愛人募集サイトを覗いたことがあります。すると「旦那はすぐに終わるから、長持ちする人お願いします!」とか、「旦那以外としたくて仕方ありません!」とか、男性もびっくりのストレートな書き込みが散見されました。

そういう愛人募集をしている女性に声をかけると、基本的には速攻で会えてセックスができます。こうした女性たちは旦那以外の『普段とは違う刺激を与えてくれるセックス相手』なら正直誰でもいいため、臆せずに話しかけるといいでしょう。

私がこのサイトで会った人の中でも、E(仮名)という女性はすごかったですね。Eは38歳でしたがかなり綺麗で、旦那は放っておかないと思ったのですが…その旦那があまりしてくれなくなって以来、逆にEは性欲が高まってしまい、旦那以外の男性に興味を持ったのだとか…。

すでに複数の男性と遊んで以来、Eはその刺激の虜になっているらしく、私としたときも激しく乱れました。ここまで激しいセックスをしたのは私も初めてのことでして、完全に勃起しなくなるまで出したのです。

このように、愛人募集サイトにはセックスしたくてしょうがない女性がたくさんいるため、欲求不満な男性は使うといいでしょう。とくに未婚男性なら浮気にもならないし、心置きなく楽しみましょう。

その他のカテゴリー