2017年5月19日 (金)

人妻愛人が自分専用の穴に変わる

膣内の変化というものが科学的に証明されています。

浮気している女性が他の男性と性行為をすると膣がその形を覚えていて膣の形が変形するとも言われています。
それがきっかけで浮気がバレるというケースもあるらしいのですが、今回自分が言いたかったのは今契約している人妻愛人の膣が自分にフィットしているのを感じるのです。
初めてした時は子宮口の位置などを指で確認しつつ締め付けの強い膣圧を感じていたのですが今では自分の気持ち良いと感じる締まり具合に合わせてくれます。
やればやるほどセックスは上手くなるといいますが、これはお互いが気持ち良くなるように体を合わせていっているのではないかと推測されます。
そうなった時はとてもうれしいものです。
心を自分に許してくれて自分に合わせてくれる喜びは風俗などでは感じる事はできません。
ただし、ひとつ心配だったのが人妻なので旦那さんから愛人をしていることがバレるのではないかと懸念があります。
そういうことを愛人に聞いてみると「膣トレをしているので常に締まりは良い方なんで大丈夫です」と意外に対策をしていることがわかって一安心しました。
もしかしたら、愛人契約がバレることも頭の隅にいれてはいるのですがその際はちゃんと整理して新しい愛人を掲示板で見つければよいことです。

2017年4月25日 (火)

愛人特有の顔立ち

少し前までの愛人イメージと言えば篠田麻里子さんがよくあげられていました。

彼女は占い師から愛人の人相だと言われるほど愛人顔であり、
そのイメージは週刊誌で特集されるほど有名でした。
近年では愛人顔で名を馳せているのが橋本マナミさんです。
彼女の特徴は品性のある顔立ち、どことなく美魔女感のある空気、生活感のない立ち振る舞いが魅力的だと思います。
現に、最近とったアンケートで愛人にしたい女性No.1は橋本マナミさんでした。
面白いキャッチコピーで「平成の団地妻」「国民の愛人」などつけられていますが、現在人気はうなぎ登り。
数々のレギュラー番組に出演しその魅力を存分に発揮しています。
元々グラビアをやっている方なのでそのスタイルは抜群。
谷間が深いGカップを服の隙間から見えてきます。
彼女を愛人にしたいと思いますが、実際にするとなると月50万円位払わないとできないのかなと思いました。
グラビアアイドルの愛人相場が平均30万円程度と知り合いから聞いたのでやはりトップグラビアアイドルを愛人にするとなるとそれ位払わないといけないのですね。
知り合いからグラドル愛人の仲介を受けたことはありますが、僕はそれを聞くといつも使っている愛人掲示板で手頃な素人の方が向いているのかなと思いました。

2017年4月21日 (金)

タトゥーの入った割り切り相手に興奮しっぱなし

趣味で入れたものか、それともヤクザの恋人だったのかはわからない。

肩口から胸に入った和柄のタトゥー(入れ墨)は服を脱がせて度肝を抜かれた。
様々な恐怖も感じたがその恐怖が一層彼女の魅力を引き出したと思う。
彼女は地域別に分かれた出逢い掲示板の紹介欄に書き込みをしていた。
写真を見た感じはパッと見てギャルというのはわかった。
小麦色の肌に茶髪は見るからに柄が悪そうだったが一日1.5でいいよと割り切りを提案していたので「割り切りだったらいいかぁー」とぽちっと連絡を入れる。
1時間くらいしたら返信が来て、場所と時間を指定された。
正直場所と時間をしていされると美人局の可能性があるためそれを拒否。
一応、繁華街でホテル代が少し割高でも安パイは切っておいたほうがいいと思った。
ーー当日ーー
賑わう繁華街の裏にあるラブホテルに自分が指定した時間に集合。
「おっつー」と少しバカっぽい挨拶に苛立ちを感じたが彼女が来た。
ホテルにそのまま休憩で入り、彼女はジージャンを脱ぐとタンクトップ姿になった。
肩ヒモから横に流れるタトゥーが露わになり、僕は正直引いてしまった。
「あぁーこれ!趣味だから!超強そうっしょ」とやっぱりバカっぽい感じがしたが逆に安心した感もあった。
そのまま一緒にシャワーに入りベッドイン。
このギャルはとてもフェラチオがうまい。慣れている感じがする。
割り切りは何回かやったことあるのかと聞くと
「うーん・・・三回目位」と経験は浅そうだが技術は高かった。
そしてゴムを付けて挿入するとエロそうなアへ顔とタトゥーが入りまじりなんとも恐怖と快感が合わさった感覚に陥った。
そのままフィニッシュして1.5を渡し彼女はホテルを後にした。
見た目は怖かったけどもう一回位お願いしたい娘でした。

元デリヘル嬢の人妻と出会い系割り切り

元デリヘル嬢と肩書だけを聞いているだけで性欲が湧いて出てくる。

今日はそんな人妻との割り切り体験を書いてみようと思う。
「セフレ 青姦」でサイト検索していたらこの目的が分かれていた出会い掲示板に当たった。
その中でアポが取れそうな人を探していたら元デリヘル嬢を掲げた書き込み。
顔はイマイチ伝わりづらかったが、アポが取りやすそうだったのでまずはメッセージを送ってみることに。
掲示板からサイトに誘導されたが初回は無料でメッセージが送れる為、反応がよかったら返信する位に考えていたら早めに帰ってきた。
あまりの速さに最初は業者かと疑っていたが、日時や場所などはこちらにおまかせという好条件もあり業者やサクラの心配はなさそうだった。
待ち合わせ日時に髪を切りに行き、セットも済ませて合流した。
あわよくば本日セックスできるかもと期待していたが、話している感じからしてまだ警戒されているようだった。
元デリヘル嬢だけあってか少し擦れた感じもしたが、一件目の居酒屋で話が弾み少しずつ警戒が薄れていく感じがした。
最後の方になると下ネタも交えたトークに変わり、旦那とうまくいっていないことやセックスの回数が昔より減ったなどの愚痴になっていった。
そうなってしまえば後は共感して少しずつスキンシップをとるだけだった。
足をツンツンしたり、話のツッコみで肩に触れたりなどさりげなくボディタッチを繰り返して
「この後どうする?」
と、軽くお誘いをしてみると
「んー。。。初対面だしなー」
「んー・・・」
「よしっ!やろう!」
セックスの合意に成功!
そのままホテルに向かい熱い夜を過ごせた一日でした。

2017年4月19日 (水)

愛人契約の歴史について

愛人募集掲示板を見てふと思い出すことがありました。
愛人契約とは日本に限った話ではなく、世界中で行われています。
ではいつ頃から行われるようになったのか、愛人契約の歴史について紹介します。
昔は愛人という言葉が使われずヨーロッパでは公妾、日本では妾・側室という言葉が使われていました。
ヨーロッパでは側室制度が許されていなかったキリスト教のヨーロッパ諸国の宮廷で近世に採用された制度です。
宮廷なので、一般市民ではなく身分の高い人のみ許された行為だったと言えます。
また現代の日本人の感覚としては、愛人とは公の存在ではありませんよね。
社会や家族に愛人の存在がバレないように隠している人が多いでしょう。
しかし近世のヨーロッパでは公妾の報酬金はなんと公式に王廷費の支出という扱いで、社交界へも一緒に参加していました。
ただし存在自体は認められていたものの、公妾が生んだ子供には相続権は認められていませんでした。
そして権力争いに巻き込まれたり、貴族や一般市民からの恨みの対象になるなど立場は不安定だったと言えます。
また日本でも愛人契約の前身に該当する妾の歴史は古く、飛鳥時代には存在したという記録が残されています。
ヨーロッパと同様に身分が高い人が妾を作り、その存在は公然と認められていました。
そして戦国時代など男色が流行った時代では、武田信玄や上杉謙信など男性を愛人として囲っていました。
江戸時代になると将軍が側室を持つ事は当たり前とされていました。
江戸時代の将軍は朝廷と江戸幕府と円滑な関係を築くため、正妻は政略結婚で公卿の出身者が選ばれていました。
そして自分の血を引いた後継者を残す為、大奥が誕生したのです。
また江戸時代は将軍だけでなく、一般の武士も側室を持つ事がステイタスとされていました。
明治時代になっても江戸時代からの流れは引き継がれ、高級官僚は側室を作るのが当たり前の時代です。
ちなみに明治天皇や大正天皇は、天皇の正妻の子ではなく側室の子でした。
側室と妾はほぼ同じ意味で使われますが側室は同じ屋敷に同居し、妾は別の屋敷に囲われていたため居住スタイルに違いがあります。
そして今でもセレブの間では同じような感覚が残っていますが、愛人を囲う事は醜態ではなくステイタスの一種だったのです。
しかし現在は愛人の存在は公認されていません。
なぜこのような変化が現れたのかというと、女性が教育を受けるようになり自立し意識が向上したためです。
加えて合理的な現代社会で愛人という存在は、非合理的な存在だと認識された訳です。

2017年4月14日 (金)

出会い系で見つけた暑がりの人妻はすぐに脱いじゃう!?

『出会い系を使っていると、簡単に人妻ともデートできる』…こんな話を聞いたことはありませんか?これはネット上によくある体験談でして、最初はあまり信じられないでしょう。「結婚している女性がそう簡単に会ってくれるわけがない」…こう思うのが普通ですね。
しかし、専業主婦で暇を持て余した人だったり、「最近は全然夫が相手をしてくれない…」と不満を抱えていたりすると、男の誘いにもあっさりと乗ってくれるのです。時間に余裕のある人妻は出会い系を使いやすいですが、そういう誘いも実は待っているでしょう。
私も人妻のC(仮名)という女性に話しかけたら、いとも簡単にデートできました。Cは1年ほど前から専業主婦になったらしいですが、予想以上にやることがない上、夫も最近は仕事ばかりで構ってくれないらしく、ほかの男性に慰めてもらいたかったのだとか…。
だから出会い系で会話していると、Cはすぐにデートに応じてくれました。デートに誘うときはエロいことは言わず、ただ単に「時間に余裕があるなら、一緒に遊びませんか?」と普通に誘っただけです。下心はありましたが、いきなりそれをちらつかせるのもアレですし…。
そんなCは、私にカラオケを希望してきました。女性はストレス解消にカラオケを希望することが多く、Cも例外ではありません。「結婚する前は月に2回は行ってたし、楽しみ!」と喜んでおり、夫とは行ってないことが分かりました。
Cは専業主婦ながらも体型維持を頑張っているのか、会ってみるとなかなかにスレンダーです。それでいて化粧もちゃんとしているため、くたびれた様子はありませんでした。こういう女盛りのうちにセックスレスになると、やっぱりたまりますよね?
そんなCですが、実はかなりの暑がりでした。カラオケボックスで一緒に歌っていると急に暑くなったのか、私の前で上着を脱いだのですが…上着の下は薄手のニット服でして、Cの綺麗なボディラインがくっきりと見えました。それをチラチラとエロい目で見ていると、Cは「あれ、私みたいな人妻の体でも気になるの?」とにやにやしていましたね。
それで素直にエロくてたまらないと答えたら、Cは「もう、しょうがないなぁ…ホテル行っちゃう?」と誘ってきて、デート初日からCを抱けました。
暑がりなCはラブホテルでもすぐに脱ぎ、しかも汗だくなっていて、とにかくこちらの性欲を刺激します。暑がりの女性は初めて抱いたのですが、こういう特徴があると思えばかなりエロいですね…。

http://www.hpridirect.com/

2017年3月13日 (月)

愛人募集で知り合った女性にちょっとマニアックなことをしてみた結果…

女性って慣れていないことには「いやいや、無理でしょ…」とすぐに言うものの、実際にやってみるとハマってしまうことが多いみたいです。男性は熱しやすく冷めやすいと言われますが、女性はその逆ですね。

だからなのか、セックスのときもマニアックなことをする場合、基本的には男性から希望しています。もちろん女性は最初は嫌がる可能性が高いですが、一度ハマってしまうと男性以上に求めてくることも多く、男性側が「ちょっとやりすぎたかも…」と考えてしまうかもしれませんね。

私もとある女性に、ちょっとマニアックなことをしてみたのですが…今では相手からそういう行為を求めてきまして、なかなか相手をするのも大変です。セックスにおいて特殊なプレイを好むようになってしまえば、性欲も強くなる…かもしれませんね。

それは、愛人募集サイトで見つけたとある女性の話です。その人は34歳の既婚女性で、A(仮名)と呼ぶことにします。Aは夫がいつも同じようなことしかしない上、自分が満足するとさっさと寝てしまうこともあり、「新しい刺激をくれる人が欲しい…」と願っていました。

愛人募集サイトを使う理由としては、さほど珍しくありません。それにこういう女性は『夫以外の男性』ってだけで満足しやすく、最初は普通のセックスを想像していたのですが…Aの身の上話を聞いたあと、私は「どうせだし、ちょっとマニアックなこともしてあげるか…」と考えました。

Aはこれまでマニアックなプレイもしておらず、せいぜいがシックスナイン止まりです。それを聞いた私は「じゃあ、ちょっと手足とか縛ってやってみようか?」と話し、Aは「それってSM?痛いのはちょっと…」と躊躇したのですね。

しかし私は「叩いたりとかはなしで、縛るだけ。動きにくくなるけど、無理矢理されているみたいで興奮するよ?」と吹き込み、ラブホテルまで連れて行きました。Aはどうやら押しには弱いみたいで、私が縛るがままになっていたのです。

まずは縛ってからの愛撫ですが、なんとAは触られる前から少し濡れていて、「縛られている最中から、なんだか体が熱くなって…」と話しており、Aの素養は十分でした。

挿入してからも、Aの乱れっぷりはすごいです。手足を縛っているだけなのにいつもより気持ちいいらしく、最終的には潮まで吹いてしまいました。その様子を見た私は「これで満足しただろう」と確信したのです。

そして愛人募集サイトで知り合ってから数ヶ月が経過した今でも、Aから「また縛って欲しい…」と連絡が来ており、相当ハマったみたいですね…。

2017年2月23日 (木)

旦那以外とセックスしたくて仕方ない女性は愛人募集サイトを使いまくる!?

「妻以外とセックスしまくりたい!」と考える既婚男性は、きっと多いと思います。私の上司にも既婚男性はたくさんいますが、その多くが「奥さん以外とも遊びたいけどねぇ…」と話していました。男は多数の女性と関係を持ちたがる本能があるため、仕方ないと言えばそうなのでしょう。

しかし、最近は「旦那以外とセックスしまくりたい!」という女性も増えたみたいです。近年は『女性の男性化』なんて言葉が広まっていますが、性欲に正直な女性が増えたのも関係しているかもしれません。どこかの雑誌が採ったアンケートでは、3人に1人くらいが『夫以外とのセックスに興味がある』と答えたのだとか。

男性からすると理解しがたい心情…と言いたいかもしれませんが、男性だって身勝手なことを考えている以上、表立って批判できませんよね?それに考えるだけなら自由ですし、実行に移さない限りは事を荒立てる必要もありません。

ですが、『実行に移す女性』も結構いるため、それが離婚の要因にもなっているみたいです。たとえば『愛人募集サイト』なるところを見れば分かりますが、こういう場所を使っている女性は、本当に欲望に正直ですね。

実は私もセックスだけができる相手が欲しくて、愛人募集サイトを覗いたことがあります。すると「旦那はすぐに終わるから、長持ちする人お願いします!」とか、「旦那以外としたくて仕方ありません!」とか、男性もびっくりのストレートな書き込みが散見されました。

そういう愛人募集をしている女性に声をかけると、基本的には速攻で会えてセックスができます。こうした女性たちは旦那以外の『普段とは違う刺激を与えてくれるセックス相手』なら正直誰でもいいため、臆せずに話しかけるといいでしょう。

私がこのサイトで会った人の中でも、E(仮名)という女性はすごかったですね。Eは38歳でしたがかなり綺麗で、旦那は放っておかないと思ったのですが…その旦那があまりしてくれなくなって以来、逆にEは性欲が高まってしまい、旦那以外の男性に興味を持ったのだとか…。

すでに複数の男性と遊んで以来、Eはその刺激の虜になっているらしく、私としたときも激しく乱れました。ここまで激しいセックスをしたのは私も初めてのことでして、完全に勃起しなくなるまで出したのです。

このように、愛人募集サイトにはセックスしたくてしょうがない女性がたくさんいるため、欲求不満な男性は使うといいでしょう。とくに未婚男性なら浮気にもならないし、心置きなく楽しみましょう。

2017年2月 6日 (月)

愛人募集サイトで知り合った女性とは疲れているときに会うといい?

仕事って、正直めっちゃ疲れますよね…私は別に肉体労働ってわけじゃありませんが、その代わり結構頭を使うため、仕事が終わる頃にはクラクラすることもあります…しかも繁忙期には会社に泊まることもあるし、残業時間も月に80時間を超えることもあるし、休みの前日とか立っているのがやっとですね。

そうなると、さすがに性欲もなくなってしまう…わけではありません。というか、むしろ「体は疲れ切っているのに、股間だけはギンギンになる…」という男性も多いのではないでしょうか?ちまたでは『疲れマラ』なんて呼ばれており、謎の現象とされています。

この原因ですが、私は『あまりにも疲れすぎて命の危険が迫っていると脳が判断し、子孫を残そうとして勃起させている』という説を信じています。人間の体は脳が支配しており、脳が錯覚を起こせば体は反応してしまうため、これは不思議なことじゃありませんよね?

だからこそ、私は『愛人募集サイトで知り合った女性とは、疲れたときに会うことが多い』のです。「疲れている人間が愛人と会うなんて、おかしくない?」と考えるかもしれませんが、そこは疲れマラの原因を考えれば、さほどおかしくありませんよね?

それに、疲れているときにセックスすると分かるのですが…疲れてギンギンになっているときに射精すると、かなり気持ちよくなりませんか?元気なときに射精すると謎の倦怠感があるのに、疲れマラで射精すると「あぁ~…このまま寝たいほど気持ちいい~…」ってなりますよね?

やはり子孫を残そうとする状態のほうが多めに精子が出るせいか、気持ちよくなるのは仕方ありません。愛人募集サイトで約束し、初めて女性と会った日もめっちゃ疲れてまして、最初から「あの、本当に大丈夫?」と心配されていたのですが…。

ラブホテルで服を脱ぎ、すぐにギンギンになると「たまってたの?すごいね…」と驚き、股間だけは疲れているように見えなかったみたいです。なお、この日は疲れていたので騎乗位をしてもらいましたが、すごく気持ちよかったですね。

その分射精量はすごく、相手にゴムを外してもらうと「すごっ、こんなに出るとか…」とびっくりしており、私もちょっとだけ驚きました。疲れマラはこの1回では終わらず、その後も2回出し、そこでやっと眠りましたよ。

気持ちいい射精をしたあとの睡眠は本当に快適で、翌日はすっきりと目が覚めました。愛人募集サイトを使ったら都合のいいときにセックスできて、とても助かりました。

2017年2月 3日 (金)

教えてもらった人妻出会い掲示板を使うと素晴らしい結果が!?

私は仕事で取引先の会社に行くことも多く、その取引先の社員と仲良くなることがあります。最近仲良くなったのは同年代の男性でして、最初はお互いが気を遣っていたものの、一緒に作業していると意気投合し、飲みに行ったんです。
すると彼がなかなかの好色っぷりで、話していてとても楽しかったですね。やっぱり男同士の話ならエロい話題が一番盛り上がるため、普段真面目に働いている分、仕事で会うときはこうして羽目を外していました。
そして彼から教えてもらったのが、『人妻出会い掲示板』でした。これは名前の通り、人妻のセックス相手を探せるサイトなのですが…彼曰く、無料で使えるわりにはセックスできる女性が多くて、一番の注目サイトらしいです。
そんな上手い話が…と思いつつ、私もしばらく恋人がいなかったので、試しに使ってみました。するとこれが本当に素晴らしく、使って二日目でセックス希望の人妻が見つかり、本当に会えてセックスもできたのです。しかもその女性がエッチな上に容姿もなかなかで、しばらく会い続けることになりました。
それを報告すると、彼はすでに四人ほどキープしている女性がいるらしく、今は私も「もっと相手を作ろう!」と頑張っています。人妻出会い掲示板を教えてくれた彼には、心から感謝ですね。

«熟女掲示板にいた好奇心旺盛な女性はどんなセックスにも付き合ってくれる!?